猟友会とは- 森の番人 - の必要性

狩猟者とは

  • 猟師は一人一人が自然と対峙し、趣味としての狩猟を楽しんでいます。更に農林水物などへの被害をもたらす動物を捕獲し、社会貢献に努めています。捕獲した命は、無駄にすることなく、ジビエとして利用しています。

  • 猟友会という組織

    徳島県猟友会は県下40地区、約1650名の会員がいます。平成25年4月1日「一般社団法人 徳島県猟友会」と名称を改め、心機一転活動をしています。猟友会の組織は、全国都道府県に県(都・道・ 府)猟友会があり、全国の本部として大日本猟友会が東京都千代田区九段にあります。

  • 猟友会の活動

    猟友会は、趣味としての狩猟を楽しみ、かつ「野生鳥獣の農林水産物」への被害防止や「自然環境への被害」を防止するため、増えすぎた鳥獣の捕獲を行っています。また、講習会やイベントの開催などを通じて、減少傾向にある狩猟者の新規確保にも取り組んでいます。

代表挨拶

  • 令和元年6月に第7代目一般社団法人徳島県猟友会会長に就任しました。歴史ある猟友会のため、尽力して参りますので、前任者同様ご指導ご支援賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 近年の猟友会を取り巻く情勢は、大変厳しいものがありますが、猟友会としては、社会貢献に重点を置き、社会的地位の向上に努めてまいります。 ~一般社団法人 徳島県猟友会 会長 久川 治次郎~

徳島県猟友会の組織図

  • 会長

    1名

  • 副会長

    2名

  • 理事

    23名

  • 監事

    3名

  • 総務委員会

    7名

  • 認定事業者委員会

    9名

  • 猟犬委員

    5名

  • 射撃委員

    2名

  • 青年部

    8名

  • 事務局長

    1名

  • 書記

    1名

組織概要

  • 社名

    一般社団法人 徳島県猟友会

  • 本社所在地

    〒770-0933
    徳島県徳島市南仲之町4丁目18番地 鳥獣センタービル

  • 会長

    久川 治次郎

  • 副会長

    岩崎 進 若木 昭

  • 理事

    藤島 温 江渕 福男 西良 正光 松長 英視 上野 浩嗣 西岡 純男 安友 卓司 岡田 良冬 松木 伸夫 福島 民雄 竹原 廣紀 歌 泰一 東 孝勇 矢田 正雄 杉野 宗男 十河 隆史 川窪 憲治 瀬川 守 三枝 綱義 久保 公志

  • 監事

    麻植 秀樹 藤元 雅文 田村 兼雄

  • 各支部会長
    • 徳島
      若木 昭
    • 小松島
      西良 正光
    • 勝浦
      麻植 秀樹
    • 高鉾
      美馬 一之
    • 福原
      田中 豊司
    • 神山
      森長 眞悟
    • 石井
      飯田 禎彦
    • 佐那河内
      西内 守
    • 鳴門
      川崎 賢一
    • 上板
      北岡 知
    • 中板
      西岡 純男
    • 下板
      山下 茂樹
    • 上那賀上
      久川 治次郎
    • 上那賀下
      中村 茂男
    • 丹生谷下
      西原 悦志
    • 木頭
      岡田 良冬
    • 木沢
      吉田 行雄
    • 阿南
      松木 伸夫
    • 美波
      中川 尚毅
    • 牟岐
      藤元 雅文
    • 海南
      東 孝勇
    • 海部
      谷本 壽廣
    • 宍喰
      家中 孝夫
    • 阿波
      矢田 正雄
    • 吉野川
      十河 隆史
    • 穴吹
      松浦 真勝
    • 脇町
      三宅 美也
    • 美馬
      逢坂 喜久雄
    • 貞光
      祖川 利一
    • 一宇
      藤原 清富
    • 半田
      田村 兼雄
    • 木屋平
      川窪 憲治
    • 東祖谷
      竹本 伸二
    • 西祖谷
      岩崎 進
    • 山城
      瀬川 守
    • 池田
      中津 哲一
    • 三加茂
      嵯峨 春海
    • 三好
      杉本 廣行
    • 三野
      大西 一小
    • 井川
      大柿 雅彦
  • 設立年月日

    昭和35年2月14日

  • 会員数

    1,666人(令和元年度現在)

徳島県猟友会 青年部

徳島県の若者ハンターが集う猟友会青年部。新しくハンターになった 人々がいち早く一人前の狩猟家に育つよう、親睦会やスクールなどを 開催しています。